ご注意

金融車・盗難車・瑕疵があるお車などトラブルが予想されるお車は輸送をお断りさせていただきます。それらの事実を隠蔽して輸送させた場合、トラブルについては事前申告の有無を問わず、免責とさせていただきますので、予めご了承くださいませ。

反社会的勢力、およびその関係者からのご依頼は一切お断りします。不当要求には一切応じられません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

車輸送でのトラブルを紹介します。

宮古島→東京でのトラブルを紹介します。

ありえない事例かと思いますが、真面目に生きているとこういうこともあります。守秘義務もありますので固有名詞は変えているところがあります。

宮古島→東京の輸送でのトラブル

検索エンジンの順位が落ちている。

梅雨が開けて暑くなりましたね。

最近新規のお客様からの受注が減り、既存のお客様からの受注が中心となっているため、検索エンジンで検索してみた。以前は弊社のHPが一番上に来てたのだが最近はだいぶ下がって1ページ目の下段、2ページ目になってしまっている。無策だったことが一番の原因。

おかげさまで既存のお客様からの受注が安定しているので、価格・サービス等には自信を持ってもいいかと思っている。

弊社のことを紹介してくださっているHPの一部。ヤラセ無し。笑。

宮古島移住だより(宮古島)

宮古に家を建てるべき?

石垣島に移住して、書く書くしかじか。1 2↑ 石垣島在住のコピーライター兼ライター兼ディレクター。最近はウェブサイト制作&改修の請負などもなさっているとのこと。かっこいいアラフォー女性。笑

石垣島・沖縄の暮らし/ a life in Ishigaki island, Okinawa.

てぃーだかんかんブログ(那覇)

万惹(まんじゃく)(那覇)

デミの風の吹くまま気の向くまま(石垣島)

海外(マレーシア)向け輸送

ステップワンガイド情報

弊社は元銀行員が中古車輸出業から起業し、海外への車の引越から手を広げて国内輸送を手掛けている会社です。海外輸出と比べたら国内に輸送することはお手ものです。どうぞ安心してご依頼くださいませ。

[…]

弊社の方針。明朗会計。

他の業者さんの中には一見安い料金を提示して、(税抜)(税込)と小さく表示している業者もあるようです。その手口は2021年4月より禁止されています。https://tokubai.co.jp/news/articles/4324

弊社はお客様の利便を考えずっと前から総額表示を貫いています。また、ボッタクリも値引きもしない、明朗会計がモットーです。もちろん、複数回・複数台ご依頼のお客様にはルールの範囲内で感謝の気持を込めて値引きさせていただいております。

以前家を建てるとき、複数の業者に相談しました。ある会社は300万円値引きしますとか、ある会社は200万円分工事サービスしますなどと、営業してきました。ネットを見るといくら値引きしてもらったとか手柄を披露する人も。

今住んでいる家を建てた会社は最初に電話をして話した女子事務員が「値引きはしてません。すべてのお客様に同じ条件で、同じサービス・商品を提供させていただいています」とビシッと言いました。その方針に誠実さを感じ、依頼することにしました。この会社です。↓

むぎくら

値引きするなら最初の値段は何なの?って思います。

弊社の代表者はサラリーマンの荒波に揉まれ、起業しました。素人目線で自分だったらこういう会社に依頼したい、取引したいという会社を目指しています。

車内の荷物、どれだけ積める?

以前からよくお尋ねいただく質問で、車内に荷物はどのくらい積んでもいいのですか?というのがあります。

原則は車内への荷物の積載は一切認められておりませんが、引越しや異動に際して車を送る方が多いことから、実際は車内に荷物を多少積んでいかれる方も多いです。

また、港にお越しになった際他の車に荷物が積んであるのをご覧になり、「もっと積めたんじゃないか?」などと思われる方も多いです。

では、実際どのくらいだったら許容されるのか、ダメなのか、何を・どのように積んだらダメなのかなどを見てみます。

※車内の物の紛失等のトラブルに関しては免責とさせていただきます。無くなって困るものは入れておかれませんようお願いいたします。

問題なかったケース

いずれもトランクの中に収まり、高さはほぼサイドウィンドウの窓の下、後方確認ができる状態です。

とはいえ、原則は禁止なのであくまで参考程度でお願いします。

リピーターのお客様も前回良かったから今回も大丈夫、という問題ではございませんのでご注意ください。m(_ _)m

 

次は問題があったケース↓

[…]

コロナ禍にも負けず、営業しております。

弊社、コロナ陽性者、コロナ感染者を理由にご依頼をお断りすることはございませんので、ご安心くださいませ。

とにかく、一日も早くこの状況が収束することを願ってます。

この漫画を読んで、皆さんリラックス~。【コロナは概念】https://manga.line.me/indies/product/detail?id=7868

新型コロナウィルスについて

新型コロナウィルスについてのニュースが毎日報道されています。

PCR検査数も増えていると思いますので、分母である検査数も明らかにすべきだと思います。

何だかんだ言ってもやはりテレビの影響は依然大きい。

正直、弊社も依頼が減って来ております。同業他社、船社に聞いてみても同様の状況だそうです。先島・那覇→本土航路の輸送の依頼は回復してきたのですが、撤退が主な理由とのこと。また輸出船は状況深刻だそう。

早期に新型コロナの指定感染症を解除し、以前通りの状況に戻すよう、望みます。

[…]

マレーシアにお車輸送されたお客様より

マレーシアへお車輸送のご依頼をいただいたお客様からメールをいただきました。 お客様の許可の上、転載させていただきます。以下、 ******************************* 橋本通商 様 こんにちは。 5月18日にチェイサー届きました。 自動車の輸出入にかかる時間は、最悪半年待たされた例もあるとのことを地元日本人から聞いて心配しておりましたが、何と先週18日金曜日に届けて頂きました。 海外に輸出されていない、しかも古い車なので、マレーシアのデータベースになく自動車保険等Ammarさん(弊社注:弊社のマレーシア側の協力会社、サクラフォワーディングの代表者)苦労されたみたいですが,日本の割引も引き継がれ保険料も半額ぐらいで済みました。車が到着するのは6月に入ってからかなと思っておりましたので、レンタカーも5月一杯まで借りておりましたが、18日にすぐ返却できましたのでその分経費も浮きました。 車確認しましだか、停止版と発煙筒がなくなっていました。 これは予想されたことなので問題ありません。 窓枠の一部に錆が出ていてびっくりしました。塩、恐るべしですね。 バッテリも長期間使用しなかったのに生きていて、エンジンも良好で早速KL近郊までドライブしましたがとても快適でした。KL市内は急ブレーキ急発進の世界なのでガソリンは食いますが、日本の半分ぐらいの値段なので気が楽です。 車の輸入税は予想より高く評価されてしまいましたが、それだけ車の状態がいいのだろうと納得しました。(これは納得するしかないですね。) それから4月から外人(マレーシア国籍以外)にはJPJの料金が上がったようで、現地自動車免許を取得しましたが、聞いていた料金の2倍かかりました。自動車の登録料も2倍になっておりRM300追加料金が発生しましたが、後は見積もり通りでとてもリーズナブルに輸入できました。 今、マレーシアでは外国人へのビザの発給が厳しくなっているようです。タイミングよく入国出来てよかったと思っております。 いろいろお世話になりありがとうございました。Sakura Forwardingさんもとても信頼できますね。紹介頂きありがとうございました。 貴社のサイトで利用者の声が書き込めるところがあったら書き込もうと思いましたが、見つけられませんでしたのでお礼のメールをさせていただきました。 ありがとうございました。 ※ Ammarさん6月に日本(北海道)に行くそうです。とても楽しみだと話していました。 *********************** 以上です。 お役に立てたようで、弊社としても嬉しく思います。 ご依頼まことにありがとうございました。 […]

箱根駅伝、早稲田の谷口選手に感動

1月4日より通常業務開始しております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の箱根駅伝は早稲田大学が粘りの走りで3位に食い込みました。早稲田のアンカーの谷口選手(4年)は一般入試で入学し、中学1年の時は囲碁将棋部ですってよ。しかし東海大学の川端選手、日体大の中川選手に競り勝ちました。

川端選手は1年生の時に箱根の2区を走ったエリート、中川選手は駅伝超強豪校の九州学院出身。谷口選手は1万メートルの持ちタイムも30分台ですし、ともに28分台の記録を持つ川端選手、中川選手からしたら「お前なんかあっち行ってろ!」てな感じではないでしょうか!?私なら最初から戦意喪失です。

しかし谷口選手は臆すること無く、最後まで諦めずに両校・両選手に立ち向かいました。

私も困難に遭遇しても恐れず、諦めず突き進もうと思います。

壁に突き当たっている方、受験生の皆さん、頑張りましょう!

 

明けましておめでとうございます。

2017年、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

本年も栃木市元旦マラソン、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝、で明けました。

更に昨年からは長男のピアノレッスンが始まり、忙しい日々を過ごしています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ドラマ【グッドパートナー第6話】を見て

昨日、竹野内豊の【グッドパートナー】を見ました。

http://www.tv-asahi.co.jp/goodpartner/ 毎週見てます。

第6話は業績不振の蕎麦屋さんの事業再生計画、という話でした。

業績が悪化し、借入額が3億円を超え、銀行との借入金のリスケジュール等の交渉を弁護士に依頼した、という話。気になる点がいくつか。

そもそも3億円程度の借り入れで弁護士に事業再生の相談するか? 返済額の見直しの相談で支店長に直接話しをするのか?担当者レベルで結論が出る話。 一行だけで3億円を借り入れていることは考えにくい。返済額の見直しをするには全行協調して行う。

返済が苦しくなったら、まずは銀行の担当者に相談。

今後新規の貸出には応じてもらえなくなりますが、返済額の見直しをすることが可能です。

(延滞でも、返済額見直しでも銀行にとっては同じ不良債権ですが)

ドラマですからね。弁護士の方たちにとってはさらに突っ込みどころ満載のはず。